メールでのお問合せ

HOME»2月の飯綱高原の別荘地

ブログ

2月の飯綱高原の別荘地

2017年2月16日、お手伝いさせて頂いてる別荘地に行くことになった。希望しているお客様が現地の様子、寸法確認、不要物の確認などを行うために伺った。けだしは除雪していないので道路除雪の雪が押し上げられており、お腹から、胸のあたりまでの高さの雪が道路わきに壁となって立ち塞がっている、雪をかき分けて10mほどある玄関まで行くか、出直すか、躊躇したが 軽自動車の荷台を階段に、駆け上がり、雪の上を歩くことに、ズボッ、ズボッ、と足が雪の中に沈む、しかし、途中は凍っているので、思ったより歩きやすい、この時期に北信のリンゴ農家は、この固い雪の上を歩き、普段では手の届かないリンゴの枝を調整するのだそうです!雪の向こうの道路に止めてる車は屋根しか見えない、ここを歩いてきたのだ!

落葉し、眺めの良いこの時期、別荘地の2階から覗いてみた!黒姫か妙高か、飯綱か

この建物の凄いところは何と、暖炉がある!薪ストーブではなく、暖炉なのだ!実物は中々、見ることが出来ない!何とも豪華な話なのでしょうか!最近では大岡の別荘地で拝見したな~  これならサンタクロースも来て頂けるかも!

今日はもう、仕事もせず、火を着けてここで・・・・・・・2017/02/16