メールでのお問合せ

HOME»市街化調整区域

ブログ

市街化調整区域

土地の件でお客様から、購入土地の探索を依頼されています。お客様から農地を譲って頂けそうな土地があるので聞いて下さいと依頼が有りました。調べると、調整区域なので無理と判断し、そのように答えた所、医療関係は大丈夫なのか?医療関係もいろんな種類がありますよね、薬局はよく見るパターンなので、薬局は良いんだろうなと推察できる。お客様も例外はないのか?と問いてきている。市街化調整区域の中で、沿道サービスって感じじゃないような通りでも建物がここ数年、近くに完成している。一概に断るのではなく、役場に確認してみようと思ったのであった。そこで役場に電話したところ、都市計画課に回して下さった、担当者が出て、農地法について詳しくないのでよろしくお願い致しますと、、また、最近の農地法は大きく変わってきているとの事をチラホラと聞く、といっても中々、勉強する機会もなく、安直にお客様にと伝えるのは失礼かと思いもしたが、聞くに越したことは無いと思い、少し聞くと、途中途中、役場に方が馬鹿にしたように鼻で笑っている!どこの土地の事ですかって、問われる!市街化調整区域で既存宅ではない所なのですと言うと、具体的に教えてくださいと。決まったわけではないので、ここ等へんくらいの場所の話なのでですが、と言うと具体的に持ってきて下いと。決めて相談に来てくださいと。窓口まで来てくださいと。店舗が出来なければ買わないのに決めてきてくださいと言う。買うに至らない土地かもしれないの具体的に地番を持ってきなさいと、具体的に話をもっていけば可能性はあるのですかと聞くと、それは分からない、農転が下りれば、こちらに来てくれと。農転は下りる可能性はあるのかと聞くと、具体的な土地を決めて窓口まで来いと鼻で笑う、話はそれからだと”(-“”-)”、市街化調整区域で、農転が下りることが有るのかと聞くと、何回も鼻で笑って、こう言う、具体的に土地を決めて、農業委員会に来いと、農転が下りれば、ここで開発審査の件を相談に乗ると、鼻で笑う、分かった、無知さを馬鹿にしているんだと、民間で働く者には無駄に動けって、聞こえてくるような対応でした。同じ言葉からで参った!直接来なければ相談にものらないと、他の市町村はFAX頂ければ調べて返事しますという対応が多くなっている昨今、遠い役場まで、窓口まで来なさいという応対に呆れるばかりです。ちなみに農業委員会に電話を回してくれと言ったら、しばらく待たされて出張だから、又にしてくれと、弊社事務所のある市町村の対応は良い、こんな場合は折り返してくださる、意地悪な回答はない、親身になってくれる、そんな中、びっくりな対応にとても残念だ。地元の不動産屋さんに、市街化調整区域の物件の相談をした、大きな企業でないと中々、話は進められるもんじゃないと、農業特区と特別ルールも私たちの個人的な力では許可が出ないそうです、どこもそうかもしれませんが、コネ、政治力が無いと駄目らしい。悔しいですね。業者が、今回のような内容で、そのようなことについて役場に相談に行くと、そんなことも知らないのかと、言われるそうだ!小さな町で、同じ町内の者がお願いしているのに、喧嘩腰になることは日常茶飯事なんだとか。エンドユーザーである個人が相談に行くととても親切なのだとか。今回は依頼者に直接、役場に行って頂こうと、お願いしてみようかと思いました。人を見て態度を豹変する担当者レベルが低いのか、こんな方は民間に就職して頂き、力を発揮してほしいですね(~_~;)役場はもっと相談できるような環境が望ましいのだが 20170224