メールでのお問合せ

HOME»境界から建物はどの位、離隔をとるのか?

ブログ

境界から建物はどの位、離隔をとるのか?

現在、モデルを借りて土地、建物の営業をしています。

モデルの横の空地もいよいよ地鎮祭が終わり配置出しも終わりました。

そこでお客様から質問も出ましたので確認しました。

民法に規定があります。

民法 第235条

第1項
境界線から一メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。

第2項
前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。

この1mが曲者で当時現場監督をしていた時の話です。躯体の芯から1mと解釈する方もいた。外壁面から1mとする方もいた。

基礎面からという方もいた。いろんな解釈がある。お施主様には少しでも良い条件で建築して欲しいから皆、必死です。

敷地にも限界はありますしね。設計寸法は455,910とか10センチで刻めないのでギリギリに設計してよと言われても駄目なんですよね。

しかし この民法を摘要するなら こんな解釈でした→ やはりプライバシーの見通すという内容だからか 窓の面までの寸法です。

窓の取り付け方には 大きく3種類ほどあり、内付、半外、外付とあり外壁より結構飛び出しているものです。

この飛び出たサッシ躯体から1m離れていないと 目隠しを要求されたら付けないといけません。

監督は設計とよくよく打合せをし配置出しの時は 基礎芯、柱芯、土台芯など出し方は様々ですがそこに飛び出し寸法を加味しなくてはいけません。

初めから目隠しの設計(若しくは窓を設けない設計)をしておく手もありますね。

皆様も気を付けましょう。10/13