メールでのお問合せ

HOME»今日から善光寺は御開帳!建設労連組合の支部総会に出席!

ブログ

今日から善光寺は御開帳!建設労連組合の支部総会に出席!

CIMG8505CIMG8507 CIMG8498 CIMG8495 CIMG8494キャプチャ

善光寺の御開帳が今日から始まりました!

御開帳とは数え年で七年に一度、秘仏である御本尊の御身代わり 「前立本尊」(鎌倉時代・重要文化財)を本堂にお迎えして行う「善光寺前立本尊御開帳」。 仏都の春、御仏とのありがたいご縁が生まれます。

善光寺の御本尊「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特のお姿をされています。白雉5(654)年以来の秘仏であり、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして「前立本尊」が造られました。普段は御宝庫に安置されていますが、数え年で七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。 中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱として、本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊に触れるのと同じこと。ここにありがたいご縁が生まれ、その功徳ははかりしれません。回向柱とは、卒塔婆の一種で、御開帳期間中に本堂前に立てられる高さ約10mの柱です。前立本尊の御手と「善の綱」によって結ばれるため、前立本尊に触るのと同じ御利益あるといわれます。

と善光寺御開帳HPに案内がありました。その回向柱がこれです!本当に有り難い事です!今日は午後から建設労連の組合の総会に出席させて頂きました。場所は善光寺の近くにある三峰神社の御幸町公民館。日頃、お世話になっている棟梁のお二人、写真の許可を得て載せさせて頂きました!この道のプロですね!総会の後は、懇親会がありまして回向柱の切り出しからの話など大工さんにまつわる興味津々の話で尽きません。その後に善光寺さんに寄ってみました。今日の一日の御縁に感謝です4/5