メールでのお問合せ

HOME»カビの臭い><

ブログ

カビの臭い><

長い間空き家になっていた中古住宅を購入し入居したらカビの臭いがする!

なんてことがあります。

そんなときの対処法をまとめてみました。

 

―部屋の中のカビ臭さを取る方法―

部屋の中の臭いを取るには、臭いの原因となっているカビをきれいに拭き取り掃除をします。

壁とタンスの隙間など、壁と家具が密着しているところは入念に!

そして拭き掃除をした後は、水分が残らないように風通しを良くして良く乾かしましょう。

 

<お掃除手順>

マスク、ゴム手袋、(ゴーグル)を装着し、窓やドアを開けしっかり換気をします。

※念のため、壁の目立たない場所にスプレーをして、脱色が無いか確認しましょう。

 

和室の塗り壁にカビができた場合は、エタノールを使用します。

エタノールを全体にスプレーして、エタノールで濡らし絞った布で拭き取ります。

とんとん優しく叩くと取れやすいと言われています。

 

※ひどい場合は思い切って壁を塗りなおしましょう!

中古住宅特有のお家の臭いも珪藻土や漆喰に塗りなおすことで軽減しますよ。

インターネットやホームセンターで練り済みの珪藻土や漆喰が売っているので、

時間があればDIYを挑戦してみては!?

 

木材の場合は、消毒用エタノールかオキシドールを使用します。

全体にスプレーして、乾いたら乾いた布などで優しく拭き取ります。

濡れている状態で拭き取るとカビの色素が広がっていくので乾いてから拭き取ってください。

※エタノール、オキシドールでも落とせなかったかカビ菌には酸素系漂白剤が有効です。

カビが生えている箇所に漂白剤を付けるか漂白剤を付けた布をカビが生えている箇所に被せて更にラップで密閉、放置した後でタオルなどで拭き取る。ひどい場合はサンドペーパーを使って丁寧に削っていく

 

★消毒用エタノールも効果がありますが、広範囲に使うには高いし匂いがあるので、

逆性石鹸(=塩化ベンザルコニウム液)「オスバンS」がおすすめのようです。

800円前後で売られていて、200倍位に薄めて使うのでかなり経済的。

(手の消毒や医療器具の消毒、ウェットティッシュにも使われている比較的安全な消毒薬)

壁、床、畳、窓枠、浴室などカビの気になるところにスプレーして、拭くと良いです。

カビは一度退治しても根が残っていて1~2週間でまた生えると言う事があるので、その頃またスプレーして拭いておくといいです

カビ掃除のほかに、キッチン周り、冷蔵庫、浴室、トイレ、靴箱、靴などの除菌・消臭・防虫にも効果があります。

 

―カビを除去するとともに、カビを発生させない環境を作りましょう―

カビは、結露や空気がたまりやすい場所に発生しやすいです。暖かくなってくる季節になると、カビの繁殖力もどんどん増してきてしまいます。一度家中を見渡して、カビの除去を徹底的に行いましょう。

部屋の換気をまめに行い、空気を循環させ、カビを発生させない環境を作りましょう。